10BetJapan(10ベットジャパン)に登録と入金が済んだら、さっそくベット(賭ける)してみましょう。日本のプロ野球、テニス、サッカーJリーグを例に説明します。

10betjapan スポーツベッティング

まずは、日本のプロ野球から「阪神タイガース対広島カープ」戦を選択しました。下記のような画面になります。日本のスポーツであれば、プロ野球、サッカー(J1,J2,J3)が賭けやすいですね。

実は、この賭けをする時点で、阪神タイガースが広島カープを3回表ですでに8対0とリードしていました。野球をご存知の方はおわかりと思いますが、まだ序盤とはいえ、8点差をひっくり返すのはかなり難しい。つまり、阪神タイガースの勝利が濃厚ということです。オッズも阪神:広島=1.02:9.76になっています(オッズ表示がこの様になっていないときは小数点表示を選択し直してください)。

つまり、このまま阪神が勝ったら賭け金の1.02倍が払い戻し金として受け取ることが出来るということです。10,000円賭けたら10,200円の払い戻しです、200円の儲けですね。ここから手数料が引かれるなんて野暮なことはありません。面白いのは、試合が始まった今からでもベット(賭け)が出来るということです。試合が始まる前は、広島のほうがオッズが上でした。今季は広島の方が圧倒的に強いですからね。しかし今季強い広島でも、このような試合の状態では勝つのは難しいでしょう。

つまり、この試合に限っては、がちがちの阪神優勢です、賭けても1.02倍しかなりません。しかし、マイナス要素が非常に少ないので、試しに賭けてみてベットの練習をするには最適ですね、少ないけど儲かります。最初はこういったガチガチのオッズで練習すると良いと思います。

日本の競馬や競輪、ボートレースはスタート直前に賭けは終わります。その時点でオッズも決定しています。今回の野球のようにブックメーカーではライブベットと言って、試合が始まってから状況を見ながら賭けをすることも出来るのです。あとで説明しますが、途中で撤退することも出来るのです(キャシュアウトといいます)。

また倍率も賭けた時点の倍率が保証されます。たとえば日本の競馬なら3倍のときに馬券を買っていても、馬券販売終了時に1,8倍になっていたら、勝っても1.8倍にしかなりません。しかし、10betjapanではベット(賭け)したときの倍率で払い戻してくれます。ライブベットの面白いところです。

ベット(賭ける)のやり方 〜プロ野球〜

阪神タイガースをクリックすると、バックの色が緑色に変わって選択されます。右に金額を入力する欄が現れます。

ベット(賭ける)したい金額を入力します。次に「ベットをする」をクリックします。

 

ベットが受け付けられました。

1,300円ベットしました。勝つと、払い戻し金は1,386.37円になります。86.7円の儲けになります。途中でこの賭けの賭け金を減らすこともできます。それがキャッシュアウトです。

キャッシュアウトって何?

賭けている試合の途中で、状況次第で賭け金を変更することが出来ます。賭け金を減額してお金(キャッシュ)を引き出す(アウト)ことをキャッシュアウトといいます。

画面中央の緑枠の「キャッシュアウト」をクリックすると、下にスライダーが表示されます。賭けを試合途中で終了したかったり、賭け金を減らしたい場合はここで調節します。最初に1,300円を賭けましたが、もし全額賭けをやめると、1,237.3円しか戻ってきません。それでも、全額負けるよりはマシですので、状況に応じてキャッシュアウトするのも一つの作戦です。

スライダーの下方に、四角い緑マークが出ています。ここをクリックするとチャットにつながります。キャッシュアウトの概念はわかりにくいと思います。慣れるまでは、このチャットで質問してみてください。

イニング(回)が進んで、阪神の勝利が濃厚になると、賭けの倍率も1.06→1.01に下がってきましたね。このように随時掛け率が変わったり、賭け金を変えたりしながら楽しめるのがブックメーカーの面白いところです。試合から目が離せません。もちろん日本の賭けと同様、最後まで変更なしの賭けっぱなしでもOKです。

PROテニスの大会に賭けてみた 〜大坂なおみ〜

プロ野球と同時にテニスの大会「東レパンパシフィック」も開催されていました。ちょうど、今注目の大坂なおみの試合途中です。さっそくベットしてみました。大坂なおみがすでに1セット目を取っています。このまま2セット目も取れば試合終了で大坂なおみの勝利です。オッズはどうでしょうか?

大坂なおみが勝利すれば、1.08倍ですね。「勝者」という賭け方は、セット数が2:0でも2:1でもどちらでもOKです。勝ちさえすれば1.08倍ということです。その下の「勝者 第2セット」は第2セットをどちらが取るかということですね。大坂なおみは1.44倍、掛け率は「勝者 第2セット」のほうが大きいです。第2セットのゲーム数は今現在、2:1でカミラ・ジョルジがリードしていますが・・・さぁ、あなたならどうしますか?

ちなみに私は、「勝者」大坂なおみに500円ベットです。現在進行中の2つのベットが下記のように確認できます。

両者で1,800円を賭けたので、オープンベットの金額が1800.00JPYになっています。

Jリーグに賭けてみた 〜勝ち・引き分け・負け 三者選択〜

サッカーは野球と違って、勝ち負け以外に引き分けの設定があります。柏とサガン鳥栖の試合です。まだ前半の28分、スコアは0:0です。柏:ドロー(引き分け):サガン鳥栖の掛け率は、2.35:2.95:3.20で、拮抗していますね。
1✗2は1試合の勝利、1✗2前半は前半だけの勝ち負け、最初に得点するチームはそのままの意味です。引き分けの代わりに先制点なしがありますね。倍率がそれぞれ違うので、悩みどころです。3つの賭け方を紹介しましたが、「すべての市場(67)」とあるように、この試合だけでも67の賭け方があるのです。慣れてきたらいろいろチャレンジしてみてください。

私は、手堅く柏の勝利に100円賭けてみました。当たれば2.35倍の235円獲得です。

オープンベットが100円増えて、1900.00JPYになりました。

試合途中ですが、柏が前半に1点リードしてハーフタイムです。1✗2前半に100円賭けてたら445円になっていました、ちょっと残念、、、

3試合ベットの結果は?

「ベット履歴」を見てみましょう。

おすすめの記事