日本シリーズに向けて、セ・リーグのCSシリーズが20181013日土曜から始まりました。巨人対ヤクルトの初戦、巨人が1点リードした段階でブックメーカー10Bet Japanにかけてみることにしました。試合後半には、キャッシュアウトの意味と方法も紹介しています。

ブックメーカー、10ベットジャパンのオッズは?

巨人が2.01、ヤクルトが1.72です。1点リードしている巨人の方がオッズが高くなっています。巨人勝利の可能性を信じて100円ベットしてみました。

勝てば201円の儲けです。

ヤクルトが追いつきましたが、また巨人が引き離します。オッズもコロコロ変わりますね。今度はヤクルトのほうがオッズが高くなりました↓
ヤクルトが2.10、巨人が1.67です。さっき、巨人が2.01のときに100円賭けていたので2.01はそのまま有効になります。途中でオッズが変わっても、賭けたときのオッズが採用されます。それがブックメーカーの面白いところですね。

7回表で、巨人が4−1とリードしました。今時点のオッズが↓巨人が1.08、ヤクルトが6.54です。巨人が優勢です。

ここで、キャッシュアウトを確認します。ベット金額100円に対して、キャッシュアウトは176.4円です。試合は終了していませんが、ここでキャッシュアウトしても176.4円で76.4円の儲けが出ます。もちろん試合最後までキャッシュアウトせずに、そのまま巨人が勝てば210円払い戻しです。でも、まだヤクルトが逆転しないとも限りません。ここでキャッシュアウトという選択肢も有るということです。

試合は7回まで進みました。オッズとキャッシュアウトも変化しています。オッズは圧倒的に巨人が高くなっています。キャッシュアウトの額も176.4円から191.25円に上っています。3点差ならワンチャンスでひっくり返る可能性もあります。キャッシュアウトも有効な選択肢なので、今回はキャッシュアウトしてみます。スライダーでキャッシュアウトの額を変更できますが、全額キャッシュアウトしてみます。

キャッシュアウトをクリックすると、確認のメッセージが出ます↓

確認を押すと、受付済みになります↓

金額が繰り越されました。オープンベット(賭け金)が0円になって、残高にキャッシュアウトの払い戻しが計上されています。

今回のブックメーカー10Bet Japanの詳細はこちらから
10betjapan日本語ブックメーカーの評判は? 登録と入出金最新情報

 

 

おすすめの記事