WBSSで華々しいKOシーンを見せてくれた井上尚弥。早くも国際ボクシング殿堂の殿堂入りが噂されているようです。

2019年度の新たな殿堂入り選手が発表される

2018年12月5日に、新たに国際ボクシング殿堂入りボクサーが発表されました。

☆ドナルド・カリー
☆ジュリアン・ジャクソン
☆バディ・マクガート

3人の2階級制覇王者が選出されました。

これに伴い、アメリカのメディアでは将来殿堂入りするだろうと予想されるファイターを選出しました。その中には井上尚弥選手も候補にあがっているようです。しかもかなりの有力な候補として選出されています。

優勝候補に予想されたファイターは?

アメリカの「ボクシングシーン.com」で、30歳以下の選手を対象に将来殿堂入りが可能かどうかの予想選出がされました。
絶対確実」に選ばれたのが、

世界3階級制覇王者
☆ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
☆レオ・サンタクルス(メキシコ)

世界4階級制覇王者
☆マイキー・ガルシア(アメリカ)

以上の30歳トリオ。

そして、井上尚弥は次の第2カテゴリーに選出されています。「絶対確実」には選ばれなかったが、現時点で第2カテゴリーに選ばれることも素晴らしいといえます。

第2カテゴリー
世界ヘビー級3団体統一
☆アンソニー・ジョシュア(イギリス)

IBF世界ウエルター級王者
☆エロール・スペンスJr.(アメリカ)

世界2階級王者
☆サウル・アルバレス(メキシコ)

3階級制覇・WBA世界バンタム級王者
☆井上尚弥

過去に殿堂入りした日本選手は?

日本人選手では、過去に5人が殿堂入りしています。

☆ファイティング原田(1995年)
☆ジョー小泉(2008年)
☆本田明彦(2009年)
☆大場政夫(2015年)
具志堅用高(2015年)

WBSSのバンタム級準決勝でエマヌエル・ロドリゲスと対戦予定の井上尚弥、優勝すれば殿堂入りはさらに確実になりそうですね!

WBSSで井上尚弥選手にベットするなら↓

>10betjapanの登録方法【初心者向け】 最新情報!

おすすめの記事