10betjapanの登録が済んだら、入金してみましょう。入金方法は、クレジットカードエコペイズ(銀行振込)がおすすめです。クレジットカードの利点は、簡単ですばやく入金処理ができます。クレジットカードをお持ちでない方は、銀行振り込みになります。その場合、エコペイズという機関を経由して行うことになります。

10betjapanへの入金方法 最新版!

登録完了後、自分の名前が表示(右上)されているのを確認して、そのページの緑の「入金」ボタンをクリックします。

クレジットカード入金がすばやく簡単! 10分で完了しました

クレジットカードの入金を図で解説します。ほんとにあっという間です。カードは楽天VISAカードでOKでした(私の場合)。よく出回っているカードなので、これでOKなのは簡単便利で助かりますね。まずはお手持ちのVISA提携カードでお試しください。
※注意 VISAと提携しているカードになります。JCBなど、VISA以外は対象外です。

入金ボタンをクリックすると、画面が暗くなって少し時間がかかった後に、下記の画面に変わります。
クレジットカード支払いなので、VISAを選択します。

入金額が500円に変わりました。ご自分の希望金額を入力してください。画面では500円になっていますが、ボーナスを受け取るにあたって、入金額が決められているキャンペーンもありますので注意してください。

新規登録時のウェルカムボーナスは入金額は20ドル以上必要(100ドルまで)です。日本円で言えば2,250円以上です。ウェルカムボーナスを獲得するには、必ず「2,250円以上入金」してください。また、入金額に対して100%のボーナスが付くので、最大限の11,120円を入金するとお得ですよ!
>>ウェルカムボーナスを獲得するときの条件と注意点【要確認!】

ページを下にたどり、クレジットカードの情報を入力します。
手元にクレジットカードを用意してください。

カード番号:カード番号を16桁です。
CVV:カード裏面のCVV番号を3桁入力します。カード裏面に✗✗✗✗ ✗✗✗ と7桁の数字が記入されています。その右側3桁がCVV番号です。例)1345 236 なら236がCVV番号です。
ご入金先:スポーツブックを選択してください。カジノを希望の方はカジノを選択します。
+Got Bonus Code:「+Got Bonus Code」の文字をクリックしてください。入力画面に切り替わります。

ここでは、新規登録のウエルカムボーナスコードの場合で説明します。新規登録のウェルカムボーナスは、ここにボーナスコード「SUN100」を入力します。それ以外の方は、キャンペーンに応じたボーナスコードを入力してくださいね。

 

SUN100と入力したら、その下の「ご入金¥500」の緑のボタンをクリックしてくだい。下記の画面に変わります。
ウェルカムボーナスの場合は20ドル以上(2,000円以上)必要です。画面では500円ですが、くれぐれもご注意ください。

 

 

先ほど入力した3桁のCVV番号を入力して、最後に「EPROプリペイドを購入」ボタンをクリックすると完了です。

自分のページに戻ると、しっかり入金されているかを確認してください。入金されていたらOKです。
500円は、500.00JPYと表示されます。

ボーナスが付く場合は、黄色のアンダーラインの「スポーツボーナス残高」に金額が入ります(この画像では0円ですが、本来は表示されますのでご安心ください)

後日に追加で入金するときも、上記の過程になります。なれたら10分かかりません。
10betjapanは登録から入金までが、ほんとに簡単にできます(クレジットカード)。業界最大手のウィリアムヒルが2018年になってカード利用ができなくなったため、手軽に簡単にブックメーカーを始めるのは、10betjapanが超おすすめです!

入金と送金の違いは?

入金ボタンの右横に「送金」というボタンがあります。何が違うのか?疑問ですね。
「送金」というのは入金された金額をスポーツブックで管理するのか、カジノで管理するのかを操作するボタンです。スポーツブック用の賭け金とカジノ用の賭け金は、別の管理になるために送金し合うのです。
クレジットカードもしくはエコペイズ(銀行振込)で入金後に、スポーツブックに使うか、カジノに使うかを振り分けます。例えば、スポーツブック残高500円からカジノへ300円送金する場合↓

スポーツブックのみをする方には、関係ないボタンです。

10betjapan エコペイズで入金する方法

10betjapanは、クレジットカードをお持ちであれば簡単にスポーツベッティングが始められることは紹介しました。ではブックメーカーを始めるにあたってカードでなく銀行振込での入金方法もご説明します。

 

おすすめの記事